ベストケンコーで通販|公式サイトへはこちらから

個人輸入と税関

ここでは海外に向けて商品を送り出すときの手続きの説明をします。個人輸入と反対の手続きとなるので、そのあたりを注意して読んでみてください。

 

まずは、荷物の呼び方についてですが、国内にあるものは内国貨物と呼ばれ、荷物の内容によって様々なルールがあります。商業貨物かそうでないかなど、運搬方法は問われませんが、貨物を輸出しようとする時には、必ず税関に申請する必要があります。

 

必要な検査をすべてクリアしたものだけが、輸送鵜の許可を得ることができます。申告を行うタイミングは、輸送使用をする荷物を保税地域に搬入する前に行わなくてはいけません。

 

荷物輸送の申請は、いつでもできますが、輸送を居された荷物は保税地域に保管することが決められています。また、許可が下りるのは実質的に保全地域に荷物があるときに決まります。

 

税関に申告する内容は、貨物の所有者が輸送の許可を受けようとする貨物を搬入する保全地域が所轄の税関に対して行う必要があります。
輸送しようとする貨物の品名や数量や価格、そのほかの重要事項を記載した輸送申告書類に、必要な内容を記載して提出する。

 

また、貨物少輔者から委任を受けた代行業者が輸送申告を行うこともできるようになっています。

 

そのために港や空港ごとに税関が設けられていることがあります。


page top